FXアドベンチャー本記事

秒スキャとは?秒スキャの手法やテクニックと秒スキャの今後について

どうもすばるです。2022年もっとも儲かった人の多い秒スキャについて今回は語っていきます。

 

秒スキャとは

文字通りの秒単位で行うスキャルピングです。注文から決済までが文字通り「秒単位」で終了します。

業者には負担がかかる事が多いため可能&グレーとされている業者は非常に少ないのが実情です。

 

秒スキャのテクニックとは

何種類か方法はありますが秒スキャが最も得意(難易度が低い)とするのは「分足でのブレイクアウト狙い」です。

何を言っているかわからないという方がいるかと思いますので簡単に説明すると

ブレイクアウトとは、前回抵抗された水準を上(下)抜けした時に値段が跳ねやすい特性を狙い勝つ手法です。

なぜ秒スキャがこのブレイクアウトに向いているかを簡単に言うと「秒で損切もする」からです。

ブレイクアウトには「騙し」が存在します。上抜けしたと思ったら速攻で落ちてくるなどもあります。

秒スキャは値動きを見て過去の経験に沿ってすぐ判断する「慣れ」が重要なテクニックでもあるので騙しだと思ったら損が広がらないうちに即損切できるのが特徴です。

基本的には手法はこれだけです。あとは場数を踏んで勝てる動き・勝てない動きを自分の中でパターン付けしていくと自然と勝率が上がります。

 

秒スキャで数億稼いだ人でも一回のトレード当たりの勝率は50%程度(僕も綺麗に50%)なので連敗もありますが、非常に安定した手法です。

 

参考

秒スキャのプロ達のデータを見ると

①一日のトレード回数が100~300回
②日別の勝率の高さは非常に高い(安定している)
③ボラリティーが出ると勝率と金額が上がる

 

秒スキャにおすすめはスマホ?PC?

秒スキャは結論どちらでもできます。

僕はスマホがメインで今年秒スキャで500万は利益を出しています。残りはデイトレです。

秒スキャの弱点は「秒」である事で、一秒を争うので「レート更新が遅い端末はNGです」

僕の装備は「4G+iPhone13」ですが、基本秒スキャ勢は「PC」を使っています。

ではスマホとPCどちらがおすすめなのでしょうか。

PCで行う場合

メリット

①レート更新速度が速い。

②手順が簡単で操作性が高い

デメリット

①時間がとりづらい事です。300回を超える取引は専業にしかできません。

 

 

スマホで行う場合

メリット

①どこでもできる

デメリット

①レート更新が速い業者がほぼない

②発注&決済への手順が少し複雑になり利益率が落ちる

基本的には「PC>スマホ」になります。秒スキャの極意は「秒」で決済する事なのでスマホではどうしてもPCには勝てません。

なぜ僕がスマホでやっているかというと兼業だからです。外でもトレードをしたいと思っているからです。PCのほうが当たり前ですが利益率は高くなると思います。

 

業者選定について

スキャルピングができる業者はかなり限られています。

PCで行う場合はもう考える必要は全くありません。

 

PCで取引する場合

現状はDMMFXのぶっちゃけ一択です。

【DMM FX】口座開設のお申込みはこちら

おすすめ理由

①大体の秒スキャ勢が「今」DMMを使っている

②スプレッドがマジで広がらない

③国内業者で数少ないキャッシュバック有

②が一番大きいです。スプレッドという取引の手数料がマジで安い状態でキープされていて他の業者はぶっちゃけ比較になりません。

取引してみるとわかりますが指標や値動きが激しい日は圧倒的にDMMFXじゃないとチャンスを逃す事がありました。

開設して取引する事でキャッシュバックもありますのでマジでおすすめです。

 

スマホでトレードする場合

DMMよりおすすめの業者は値動きがリアルタイム更新できる業者です。

MATRIX TRADER

例えばMATRIXTRADERは、レートの更新速度が速い(リアルタイム反映)です。

DMMFXのスマホアプリはレートの更新速度は1秒単位なのでかなり遅いです。これは秒スキャをするのには絶望的な条件です。

同じ条件のFX業者の外貨EXは「ここ最近になってかなりスプレッドが安定していません」

現状スマホの秒スキャで使える業者は上記「MATRIXTRADE」くらいかもしれません。(完璧とは言えませんがスマホ秒スキャに向いています)

 

秒スキャの今後について

秒スキャは近い将来に稼げなくなると思われます。理由はいくつかあるのですが大きなところがFX業者の利益が下がっている点です。

近年FX業者は口座開設・取引ともに伸びているのですが、どうやら利益は思うように出ていないようです。

その原因が「ドル円」のスプレッドが狭くかつ、値動きが激しいためカバー取引で損を出す頻度が高いようです。

現状それでスプレッドが広がる業者が多くなっていますし。外貨EXのように原則固定を謳う事をやめる業者も増えています。

今稼ぐ事が重要で、今稼げる業者はぶっちゃけると「PC×DMMFX」しかない状況ともいえます。

このバブルが終わるまでにぜひPC秒スキャを身に着けておくとよいかもしれません(実情をぶっちゃけている記事は少ないと思います。)

 

FX業者開設してみたい、秒スキャの実情や方法を教えてほしいという方がいましたら下記ツイッターアカウントにDMください。(秒スキャの手法だけ教えてくださいはやめてくださいw)

すばるのトレード日記はこちら

すばるおすすめ今熱いFX業者(小遣い稼ぎにもなる

「初回トレード」で1万円以上キャッシュバックの期間限定キャンペーン中!

-FXアドベンチャー本記事

© 2023 FXアドベンチャー Powered by AFFINGER5