FX手法検証 裁量トレード関連

一か月で500万以上稼いだ手法について

自分のブログのこちらの記事の転載になります。

どうもすばるです。2022年の3月は僕の人生の中でも最高クラスに稼ぐ事が出来ました。

今回はFXで勝てない勢だった僕が一気に稼いだ手法と考え方について書いていこうと思っています。

また今回、FXで身を燃やした僕の今後の身の振り方について話していきます。 そして勝てなかった今までのFX人生についても書いていきますので、興味がある方は是非読んでみてください。

※次回よりFX記事は戦うFXに移転します。

 

また途中から有料公開にしています。 何故と言うと、FXや僕に興味を持ってくれた人しか収支や手法・考え方を公開したくないからです。

興味のない人はさらっと読んでFXは難しいんだなという印象を持ってくれればそれでよいと思います。

 

最初に僕と同じタイプの人はFXに向いていない

FXは数年以上負けている人が、考え方を変えずにいきなり勝てるようになる事は有りません。 今回は「得意な相場」で「たまたま勝つこと」が出来たに過ぎないと思っています。

僕のようなタイプを判定するための質問を作ってみたいのでまずやってみてください。

 

まずFXで勝てないあなたに質問です

下記にあなたは当てはまっていませんか?

 

・「FXや投資で、仕事を辞めたいと考えた事は有りますか?」

・「短期で大きくお金を得たいと思っていませんか?」

・「自分のポジションが誰かに監視されているような気がしませんか」

・「死ぬほど負けて、もうどうでもよくなっていませんか」

・「借金を作ってまでのめりこんでいませんか?」

・「FXで死ぬほどいらいらしていませんか?」

・「実は勝てるけど、ルール破るから負けちゃうと思っていませんか?」

・「FXは勝てると思っていませんか?」

・「夜ポジションが気になって眠れない事は有りませんか」

・「FXのせいで人に当たった。彼女や彼氏と別れた・喧嘩した経験は有りますか?」

僕は全部当てはまる人間です。 もし、ひとつでもあなたが当てはまるので有れば、この記事はなにかしらのきっかけになってくれると思っています。

またFXをやってみたい、そんなあなたにとっても良い記事になると思います。

 

 

「僕のFX人生について」

画像1

僕とFXとの出会いは2012年後半。レバレッジ25倍の国内口座で「10万円」から始めました。 突如始まったアベノミクスに乗る事が出来て、90万円まで資産を増やす事が出来ました。

その間は、ドル円はひたすら円安になっていき、「ドル円/ポンド円/オーストラリア円」を、ロングしていれば勝ちだと思っていました。

 

 

「もちろん現実はそんなに甘くない」

その後、急激に円安が失速し、買いのポジがパンパンだった僕は損切り、損切り、損切り、、、めちゃくちゃ負けました。

気づくと100万円近く有った口座は残り数万円まで減りました。 その時の心境を今でも覚えています。

・「アベノミクスやってるのになんで?」 ・「下がるわけない、今もっと買えれば勝てる」

 

画像2

結果から言うと、「1ヶ月で」軽く100万負けました。

何故ならアベノミクスだったので円高になると思っていなかったからです。
その後はすさまじく円安が進みました。 そして約10円も下がったのでまだ下がると思っていた僕はロング出来ず、次はショートで負けていきました。

 

100万近く有った残高10万円まで減らし、追加入金、追加入金、追加入金…………

 

気づくと生きていくのに大切な資金にまで手をつけていました。

そんな感じで、僕はパチスロ専業時代に稼いだお金の7割程度をFXで溶かしています。 残りの3割は遊びに使いました。なので社会人になった時に僕は全く貯金が有りませんでした。まさに泡銭身に付かずです。

試行錯誤しているふりをして、負け続けた日々。あなたもそうなのでは?

僕は11年にもわたり試行錯誤している「ふり」をしてきました。もしかしたらこの記事を読んでいるあなたも同じ経験をした事あるのではないでしょうか?

 

 

勝つために試行錯誤しているフリ一覧

負けている人あるある

①FX本の大量購入 ⇒読んでいい気になって負けるか、実践せずにゴミになるか。

②スワップポイント狙いの資源国買い
⇒おそらく多くの人が致命的に負けているのではないでしょうか。僕も負けています。

③FX教材購入(合計10万くらい?)
⇒無駄に高い手法を購入していませんか?僕はしています。

④YouTubeでテクニカル勉強
⇒二日後には忘れて値頃感トレードしていませんか。

 

画像3

特に資源国は全体的に下がっているので、かなり悲惨な目に皆さん有っているのではないかと思います。  

 

 

今、この記事を読んでいるあなたも色々試してみて、最後にはポジポジと値ごろ感トレードをして負けているのではないでしょうか?

 

FXは100人に1人しか勝てないは本当です

画像15

FXは100人やって1人が勝てるかどうかと言われています。

それは何故か。FXはほぼゼロサムゲームなので、勝つ人がいたら「必ず」負ける人が居ます。

FXは一部のHF(ヘッジファンド)、機械売買(アルゴリズム売買)等が相場の大きな動きを支配しています。 これらは多くの人が「上がるかも」「下がるかも」と思う「大衆心理」を読んでその逆に売買を仕掛ける事で99人の「大衆」から大きな金を巻き上げます。

今勝ててないあなたは、今後も勝てない可能性が非常に非常に非常に高いです。言ってしまえばFXで負けている人は凡人で”大衆心理”その物です。  

 

大衆心理とは何か

”大衆心理”は、生きてきた中での常識や経験等から形成されます。 100人に99人はこの”大衆心理”に乗っ取って値ごろ感でトレードしています。 この”大衆心理”から脱却するためには、今の自分の生き方、考え方を捨てないといけないと言えます。

 

本当に勝てる人間の考え方とは

本当に勝てる人間は、手法に沿って機械の様に同じことを行います。

そこには感情は有りません。ルールに沿って損切り、ルールに沿って利確。感情に支配された瞬間に負ける事を理解しているからです。

 

勝てる手法は簡単には手に入らない

勝てる人は数万時間と真剣に相場に向き合って。手に入れた手法が有ります。その手法は本や有料ノートでしか公開される事は有りませんし。 その方法を真似たからと言って完全に機械になれなきゃ意味が有りません。

 

それでも勝ちたいあなたへ

あなたがもしずっと機械的トレードする事が出来ないので有れば、ほんの一瞬だけ機械的にになってみる気は有りませんか?

暴落・暴騰相場の大部分は数日~数週間程度で勝負が決まります。この間だけでも機械になってみませんか。

 

ここからは、僕が一か月で500万以上利益を出した「暴落相場・暴騰相場」での稼ぎ方【テクニカル、ファンダ、実際のポジ、収支】について。

そして今勝ててないあなたに向けた僕からの助言になります。 相場歴が長いかつ負けている人であればあるほど役に立つと思います。

 

もし当てはまっている方は、そこら辺のFX本を買うより確実に何かを得る事が出来ると僕は思います。

11年分の僕のFXの結論を書いていきます。

続きはこちらの記事にてどうぞ(僕の別ブログに飛びます&以降有料部分になります)

 

-FX手法検証, 裁量トレード関連

© 2022 自動・裁量トレードで戦うFX! Powered by AFFINGER5